ビューの変更

Outlookの表示一覧は「ビュー変更」で切り替えることができます。3つの標準ビューがありますが、カスタマイズすることもできます。(画像はoutlook2013です)

「表示」タブをクリックして、左端にある「ビューの変更」をクリックします。標準では、「コンパクト」「シングル」「プレビュー」があります。既定は「コンパクト」になっています。

コンパクト表示は、2行で1アイテムとなります。

シングル表示は、1行1アイテムとなります。

プレビュー表示も1行1アイテムですが、横に広がって、閲覧ウィンドウがオフになってしまいます。


ですが、「閲覧ウィンドウ」で右や下を選択すると表示させることができます。

このビューは、カスタマイズすることができます。「ビューの変更」から「ビューの管理」をクリックします。

「すべてのビューの管理」ダイアログボックスが表示されるので、標準のビューのカスタマイズや新規に作成することもできます。

新規にアイコン表示のビューを作成してみます。
「新規作成」ボタンをクリックした後、「新しいビューの作成」で「ビューの種類」から「アイコン」を選択します。

ビューを適用すると下のような表示になります。


このビューの設定はフォルダごとの設定になりますが、1つのフォルダーで設定したビューは、簡単にコピーすることができます。「ビューの変更」にある「現在のビューを他のメールフォルダーに適用する」をクリックします。

コピーしたフォルダのチェックボックスをオンにして、まとめてコピーすることができます。また、「サブフォルダーにもビューを適用する」というチェックボックスがあるので、便利ですね。

条件書式を使うと未読メッセージを赤く表示させたり、件名によってスタイルを適用することができます。




あなたへのおすすめ


更新情報