緑の波線は青の波線に

Wordではスペルチェックや文章校正で指摘された箇所があると、文字列の下に波線が表示されますが、Word2013では、これまでの「緑」の波線が「青」の波線になっています。

下は、Word2013です。「赤」と「青」の波線です。
Word2010までは「赤」と「緑」です。


また、この波線を非表示するための設定も少し変わりました。
Word2013のオプションです。

Word2010のオプションです。
Word2010の「文脈に応じたスペルチェックを行う」がなくなり、「よく間違う単語」になっていますね。

波線を消す方法については、波線を消すにはを参照されてください。