以前のバージョンのWordとの互換性を保持する

Word文書で旧バージョンのファイルを上位バージョンのWordで名前を付けて保存するときは、レイアウト崩れがないか気をつけたほうがいいと思います。

Worc2007やWord2010で作成した文書をWord2013で開くと、タイトルバーに[互換モード]と表示されます。


この文書を、名前をつけて保存しようとするとすると、下のようなメッセージウィンドウが表示されます。下のように記されています。
文書は最新のファイル形式にアップグレードされます。 
 Wordの新しい機能をすべてに使用できるようになりますが、一部の細かいレイアウトが変わることがあります。アップグレードしない場合は、[キャンセル]をクリックし、互換性を保持するチェックボックスをオンにしてください。

「キャンセル」ボタンをクリックして、「名前を付けて保存」ダイアログボックスに戻ると、
「以前のバージョンのWordとの互換性を保持する」のチェックボックスがあります。
レイアウトなどを崩したくない場合は、チェックボックスをオンにします。

表をたくさん使用して作成されている文書などでは、やはりレイアウト崩れが起きることが多いようです。保存した文書のタイトルバーには[互換モード]と表示されます。

ただし、互換モードの場合は、Word 2013 の新機能や拡張機能を使用できなくなります。
以前のバージョンの Word で作成された文書を Word 2013 で開く - Word(Microsoft)



あなたへのおすすめ


更新情報