クリップアート終了の波紋

クリップアート終了の波紋は、大きいなぁと思います。

職場では、プレゼン資料作成時などクリップアートを多く使ってきました。
クリップアート終了後、著作権のチェックなど、どうやるんだろうとおもっていたのですが、しっかり社内ポータルに明記されていました。

社内標準は、今 Office2010です。
画像検索時は、「挿入」タブの「クリップアート」をクリックすると、下の図のようになります。
このとき「Bingの検索結果を含める」のチェックボックスをオフにして検索してください、とのこと。

え~~~!!あのですね、「花」で検索すると、3つしか表示されないんですけど・・・


で、ちかぢかOfficeの標準は2013になります。
Office2013では、Office2010のときのような操作はできません。Bing検索を外すという選択はできませーーーん!!

「オンライン画像」をクリックすると、「Bingイメージ検索」が表示されます。

職場ではMicrosoftアカウントなんて使えないし。

検索結果は、クリエイティブコモンズによってライセンスされている画像です。使用する画像に適用されている個々のライセンスを確認して、ライセンスに準拠するようにしてください。
と、あります。
「クリエイティブコモンズ」って何?

「すべてのWeb検索結果を表示」をクリックすると、今度は
「画像には著作権が存在する場合があります。画像を挿入する場合は、適切な権利があるかどうか確認してください。」とあります。

いちいち確認できるわけないでしょう!

社内で画像を作成する、または外部に委託するとか、素材集をまとめて購入するとか、
本当にどうするんだろう。早く決めてほしいなぁ。
困るんだけどなぁ。監査はうるさいし!


下のWebページに「クリエイティブコモンズ」について詳しく記されています。

Officeのクリップアート提供終了! 新たに使えるクリエイティブ・コモンズの意味と対策「知らずに使うと著作権侵害になる?」 - ライブドアニュース

でも、クリップアートって以前から、ライセンスなどの問題があったん?聞いた話ですが・・・

クリップアートが終了してからは、もっぱらこちらでお世話になっています。



イラストや写真素材の他にシルエット素材もあります。
ダウンロードの方法などは、以下のページで解説しています。

楽しみながら、自分に合う素材を探してくださいね。

あなたへのおすすめ


更新情報