410 410 条件付き書式のデータバーを右から左へ表示するには | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

条件付き書式のデータバーを右から左へ表示するには

Excel2010や2013の条件付き書式はとても便利ですね。
グラフを作成しなくても、条件付き書式のデータバーを使用すると、グラフのように表示することができます。

条件付き書式(Excel2010)で解説しています。

このデータバーは、右から左へ表示することができます。
まず、範囲選択して、[ホーム]タブにある[条件付き書式]から任意の[データバー]をクリックして設定します。


そして、設定した範囲内のセルをアクティブにして、[条件付き書式]の[ルールの管理]をクリックします。

[条件付き書式ルールの管理]の[ルールの編集]をクリックします。

[書式ルールの編集]が表示されます。[棒の方向]で[右から左]を選択します。既定は[シートの設定に従う]です。

下のようにデータバーが右から左に表示されます。

【関連】以下は、条件付き書式の関連記事です。

条件付き書式のデータバーを活用して点数をグラフ化 | Excel2010 | 初心者のためのOffice講座

条件付き書式のコピー | Excel2010 | 初心者のためのOffice講座

条件付き書式のアイコンセットの区分け | Excel2010 | 初心者のためのOffice講座

アクティブセルの行に色を付ける | Excel2010 | 初心者のためのOffice講座

2つの列の差分を求める(重複しない一意の値を求める) | Excel2013 | 初心者のためのOffice講座


【初心者のためのOffice講座】New