一行おきに背景色を設定する

Access2007から、一行おきに背景色を設定できるようになりました。
縞々のフォームやレポートを簡単に作成できるようになっています。

テーブルをデータシートビューで開くと、↓のように既定で一行おきに背景色がついたテーブルになっています。

このレコードの背景色は、「ホーム」タブの「フォント」グループにある「代替の塗りつぶし/背景色」から変更することができます。

「茶4」に変更してみました。

フォームでは、まず「デザインビュー」で開いて、プロパティから「データシートビューの許可」を「はい」にします。

フォームを「データシートビュー」で開いて、「ホーム」タブの「フォント」グループにある「代替の塗りつぶし/背景色」から設定します。

帳票フォームでは、「デザインビュー」で開いて、「詳細」プロパティの「代替の背景色」のカラーパレッドで設定することができます。

「フォームビュー」で確認します。

レポートも同様です。「デザインビュー」の「詳細」プロパティの「代替の背景色」から設定することができます。

↓のようになります。
ただ、印刷する場合、カラーで印刷されるとは限らないので、白黒印刷時のことも考慮して背景色は選択してほうがいいかもしれません。

Access2010もAccess2013も同様の設定ができます。
ただ、プロパティからの設定は同じですが、テーブルは「ホーム」タブの「代替の塗りつぶし/背景色」は、「テキストの書式設定」の「交互の行の色」に変わっています。(画像はAccess2010)

フォームの場合は、 「フォームツール」の「データシート」タブの「書式設定」グループにあります。

コマンド名の「代替の塗りつぶし/背景色」は、分かりづらかったのでしょうね。