ファイルの圧縮と展開

Windows8では、ファイルの圧縮方法もわかりやすくなりました。

圧縮したいファイルやフォルダーを選択して、「共有」タブの「Zip」をクリックします。

アイコンの左上にチェックボックスを付けるには、「表示」タブの「項目チェックボックス」のチェックボックスをオンにします。Windows7からの機能ですが、便利だと思います。

圧縮フォルダは、同じフォルダー内に作成されます。名前は、右クリックのショートカットメニューから「名前の変更」を選択して、変更することができます。

従来どおり、右クリックのショートカットメニューから「送る」-「圧縮(Zip形式)フォルダー」をクリックして作成することもできます。

ファイルを追加したい場合は、ファイルを選択して圧縮フォルダーへドラッグします。
****************************************
圧縮フォルダーを展開するには、圧縮フォルダーを選択します。
選択するだけで、「圧縮フォルダーツール」が現れますので、「すべて展開」をクリックします。
※圧縮フォルダー以外のファイルを選択したり、フォルダー内の空白箇所でクリックすると、通常のフォルダー表示に戻ります。

「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開」が表示されるので、「参照」ボタンをクリックして保存場所を指定します。「展開」ボタンをクリックします。

展開されたフォルダーが表示されます。