Windows8の隠しファイルの表示と項目チェックボックス

Windows8で、これもやっておいたほうがいい設定です。
どのフォルダでもいいので、フォルダを開きます。
フォルダには、「ファイル」「ホーム」「共有」「表示」タブがあるので、「表示」タブをクリックします。
「表示/非表示」グループにある「項目チェックボックス」「ファイル名拡張子」「隠しファイル」のチェックボックスをオンにします。
※「ファイル名拡張子」は既定でチェックがオンになっていると思います。
Windows7までは、「フォルダオプション」の「表示」タブから設定していた内容です。
分かりやすくなりました。
 
 
「AppData」も「隠しファイル」のチェックボックスをオンにしないと表示されません。
 
項目のチェックボックスも複数選択する場合、「Ctrl」キーを使用せずに選択できて便利です。
これは、Windows Vistaからありましたが。