散布図にデータラベル表示が可能

Excel2010までは、散布図にデータラベルをつける機能はありませんでした。
以下のページで解説しています。

散布図の作成

ラベルを一気に変更できない

Excel2013では、散布図にデータラベルを表示できるようになりました。
嬉しいですね!!

↓のような散布図を作成します。

グラフを選択すると、グラフの右上にボタンが3つ表示されます。
一番上の「グラフ要素」ボタンをクリックします。「データラベル」をポイントすると、プレビューで結果を確認できます。

データラベルの右にある▶ボタンをクリックして、位置などを変更することができます。
また、従来のラベルオプションを表示するには、メニューから「その他のオプション」をクリックします。 


データラベルの書式設定が表示されます。
従来と同じようにデータラベルを選択して、右クリックのショートカットメニューから表示することもできます。
ラベルを項目名に変更したい場合は、Y軸のチェックボックスをオフにして、「セルの値」のチェックボックスをオンにします。「データラベル範囲」ダイアログボックスが表示されます。

ダイアログボックスの拡大/縮小ボタンをクリックして、
  
元データからデータラベルとする項目名の範囲を選択します。再度、ダイアログボックスの拡大/縮小ボタンをクリック、

元の「データラベル範囲」ダイアログボックスに戻って、「OK」ボタンをクリックします。

↓のようにラベルに項目名が表示されます。

あとは、位置を微調整すればいいですね。

この「その他のオプション」をクリックしたときに表示される書式設定ダイアログボックスですが、ウィンドウの右側に表示されると思います。これは、「書式設定」の文字辺りの位置でマウスが、四方の矢印になったときにドラッグすると移動することができます。 

Excel2016でも解説しています。おすすめグラフを使っての解説です。散布図のラベル表示