CSVファイルをExcelで開くときの注意

システムからCSVでデータをダウンロードできるようになっているものって多いですね。

でも、ダウンロードしたCSVを直接シングルクリックやダブルクリックで(設定の違い)開くのは危険です。
アイコンをシングルクリックやダブルクリックすると、、おそらくExcelが起動すると思いますが、Excelで開くと頭の「0」は消えてしまいます。Excelを起動して「開く」ボタンから行っても同じです。

たとえば、CSVファイルをメモ帳で開くと、↓のようになっているものがあるとします。

このCSVファイルをダブルクリック(シングルクリック)すると、
Excelが起動して、↓のように表示されます。「担当者コード」の列にある頭の「0」がすべて消えてます。
途中の「0」は問題ないのですが。

コードの桁ずれの原因は、CSVの開き方だったなんてことは多いようです。

CSVファイルをExcelで表示したい場合は、「外部データの取り込み」からインポートしてください。
「データ」タブにある「外部データの取り込み」グループの「テキストファイル」をクリックします。

「テキストファイルウィザード-1/3」が表示されます。
「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」を選択して、
「次へ」のボタンをクリックします。

「テキストファイルウィザード-2/3」では、「区切り文字」から「カンマ」のチェックボックスをオンにして、「次へ」のボタンをクリックします。

「テキストファイルウィザード-3/3」では、「列のデータ形式」から各列とも「文字列」を選択します。
「完了」ボタンをクリックします。

データを返す位置を指定して、「OK」ボタンをクリックします。

↓のようにちゃんと頭の「0」が表示されます。


Excel2003でも解説しています。
CSVファイルをExcelで開くときの注意(Excel2003)